iceGUARD 5 PLUS

  • 氷に効く [氷上性能]:進化した「スーパー吸水ゴム」の採用で、氷上制動が7%向上
  • 永く効く [冬道性能の持続性]:ずっと柔らかいから効く。だから氷上性能が、持続する。
  • 燃費に効く [省燃費性能]:ころがり抵抗を7%低減(燃費の改善に貢献)
  • さまざまな路面に効く:危険な凍結路面は、ひとつじゃない。冬のさまざまな路面に効く、温度対応技術

サイズリスト

ヨコハマの先進タイヤ技術「ブルーアース・テクノロジー」
「環境+人と社会にやさしい」をテーマに、ヨコハマが世界へ向けて発信する先進のタイヤ技術。コンセプトをそのまま製品名とした「ブルーアース」シリーズは、ラベリング制度における「低燃費タイヤ」です。また同じ技術を採用し、開発した製品にもこの「ブルーアース・テクノロジー」マークが付けられ、「アイスガード ファイブ プラス」にも適用されています。
  • ※1 ●氷上制動 アイスガード ファイブ プラス:13.0m、アイスガード ファイブ:14.1m 制動距離差1.1m <試験条件>テスト場所:軽井沢風越公園アイスアリーナ(室内)、路面状況:氷上、気温:3.9~4.0℃、路面温度:-1.6~-1.4℃、タイヤサイズ:195/65R15 91Q、空気圧:240kpa(フロント、リア共)、リムサイズ:15×6J、車両:TOYOTA ノア(型式:DBA-ZRR70G、FF、2000cc)、制動速度:20km/h、制動方法:ABSブレーキ、乗車:2名乗車相当、<試験方法>制動距離を各々5回計測し、平均値を算出。※記載した数値は、あくまでも一定の条件で計測されたものです。その数値は車両の性能、気温、路面状況等によって異なります。※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。※テストに関する詳細なデータはタイヤ公正取引協議会に届け出てあります。
  • ※2 ●ころがり抵抗 アイスガード ファイブ プラス:指数93、アイスガード ファイブ:指数100<試験方法>当社ドラム抵抗試験機による、ころがり抵抗係数(RRC)を測定<試験条件>タイヤサイズ:195/65R15 91Q、空気圧:210kPa(ISO準拠)、試験荷重:4.82kN、試験場所:横浜ゴム(株)社内 試験機:社内試験機<試験方法>:フォース式※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っています。※テストに関する詳細なデータはタイヤ公正取引協議会に届け出てあります。

RECOMMEND CONTENTS

  • アイスガード ファイブ プラス
  • GEOLANDAR I/T-S
  • iceGUARD iG91
  • 「安心・安全」冬ドライブの心得